スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大分への旅 
 
 宇佐神宮を後にして、さて今夜の宿に向かいますかぁ〜と車を進めていると

“熊野磨崖仏”って看板が。

 「なんか聞いた事あるね。行ってみる?」と山道を進み、着いた駐車場。

 そこから延びる、この↓階段。どのくらい登らないといけないか不明だったけど

なぜか履いていたサンダルから、持参していたジョギングシューズに履き替える私。



 少し登ると…霧?神秘的でしたぁ〜。



 そして、小さな鳥居が…

 鳥居の先に、ず〜っと階段が延びてるの見えます?







 石が積まれた階段が延々と続いてます。ひぃえ〜ぇ〜!?って感じ。

でも、随分と年配の方が上から下りてこられます。若い!?私が登らない訳にはいかない!

 昨日までの雨で、辺りはしっとりとしている上に、霧雨でミストの中を歩いているようで

マイナスイオンミスト!気持ちいぃ〜!と、意外に階段も楽に登れました。

 そして、階段を上った先に…





 あぁ〜なんか、有り難く見えます。思わず手をあわせました。

 大分の国東半島には、このような石仏が点在しているそうです。

 さて、登ってきたら降りなきゃいけません… 



 下りの方が、怖かったし、滑らないか神経使って疲れました。

 しかし、なんとなくだったけどジョギングシューズに履き替えたのは神の思し召し!?(笑)

 全く予定外の“熊野磨崖仏”でしたが、本当にここに行けて良かった。

 とても、とても心地よい場所でした。きっとパワースポット!!
お出かけ comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








す、すごい…。果てしなく続く階段。私には無理だわ。
途中でギャースカ文句言いながら、泣きながら挫折しそう(笑)

でも、苦しさを乗り越えたからこそ素晴らしい様相を垣間見られるのでしょうね。

青の洞窟と青の洞門と比べちゃダメ(笑)
通り過ぎて、「あれ?もしかして、今の??」ですもんね。
でも、作る過程と手彫りの現実を聞かされた時には、ちょっと感慨深いものがありました。


宇佐神宮↓
何度か行きましたが、とーーーーーーーーーーっても広くありませんでした??
確か、全国の八幡様の総本宮なんですよね。何で大分にあるの?って思ったのは私だけかしら??

私が行ったのは、なぜか毎回夕方近くで、とても静かな時だったんですよ。
参拝客もほとんどおらず、お店も閉まってる状態。
だからこそ?幻想的な雰囲気をヒシヒシ感じたような…。気がします。
今度は夕方に行かれてみて!!

長々すみません(ΦωΦ)
from. keiko | 2010/07/22 15:59 |
keikoさんおはようございます!
確かに宇佐神宮広かったですね。でも…なんでだろう?霧島神宮の方が広く感じたのは…f^_^;
熱くてそれどころじゃなかったのかも。今度また行く時は、熱くない夕方に!
階段は不思議と登れますよ。だっておばあちゃんとかが登れてたから♪不思議なパワーがあるのかも…
from. junco | 2010/07/23 09:36 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://epideriz.jugem.jp/trackback/103
<< NEW | TOP | OLD>>